introduction

研究室の特徴

バイオインフォマティクス

松田研究室では生物学や医学に密接に関係する研究を行っています。 情報の分野に収まらない多くの人の役に立つアプリケーションを作り出したい人にはおすすめです。 題材としてはバイオを扱いますが研究手法は完全に情報なのでバイオの知識が少なくても大丈夫です。

充実した設備

高級なキーボードやディスプレイ、機械学習用のグラフィックボードなど充実した設備で研究をすることができます。 書籍も必要なものであれば購入できますし、裁断機とスキャナ、OCRソフトがあるのでPDF化して読むこともできます。

個人のライフスタイルにあわせたスケジュール

ミーティングのタイミングは先生と相談して個別に調整できる場合が多いです。 スケジュールや進捗、締切などを考慮して柔軟に決定されます。 もちろん相談したいことがあればミーティングの時間以外にも気軽にディスカッションすることができます。

必要なことをやっていれば研究室に来なければいけないというプレッシャーはありません。 自分のパフォーマンスを最大化できるように自分をマネジメントできる人であれば、 研究以外の活動も自由に行うことができます。

リモートワーク

研究室のサーバに外部からSSHで接続することもできるので、リモートワークも可能です。 Slack(チャットツール)やGitlab, Googleチームドライブなどのサービスを利用していますので、 コミュニケーションやファイルの共有もリモートで行なえます。

グローバルな活動

国外での学会発表はもちろん、海外インターンシップにも積極的に取り組んでいます。 通常、海外インターンシップでは渡航先を自分で見つける必要があり大きなハードルになっているのですが、 松田研究室ではカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のIdeker研究室と交流があり、ほとんど毎年受け入れてもらっています。

B4の年間スケジュール

4月: 研究室配属
デスクトップPCとノートPCが割り当てられ、計算機のセットアップなどを行います。
5月: 新人研修
簡単なテーマに沿って2ヶ月ほど調査・プログラミングを行い、最後は研究室内で発表してもらいます。 テーマは自由に選ぶことができます。
7月: 院試勉強
新人研修の成果発表を行ったあとは院試の勉強を進めます。 院試が終われば夏休み、研究室旅行があります。
9月: 研究
夏休みが終わると本格的に研究が始まります。 希望をもとにテーマを決定し、その後は担当教員と週1程度でミーティングをしながら進めていきます。
2月: 卒論発表
先輩や先生とともに卒論を完成・発表します。